遊びながら社会科や公民が学べる学習用ボードゲーム「ライフ・リテラシーゲーム」シリーズ。新教科「公共」用教材、税・社会保障教育、主権者教育用として。スポーツ選手のセカンドキャリア教育、新入社員や外国人材研修用教材としても。数多くの教育機関、企業などで導入。楽しみながら税・社会保障、労務から憲法まで幅広く学べます。

公立小で「挑戦!ライフ・リテラシーゲーム~今日からオトナ!?なりきり社会人生活」

      2020/04/24

ゲームがプレイされたのは神奈川県平塚市内の小学校。地区公民館主催の夏休みイベントで約20人の児童が、開発中の新ゲームを体験しました。
途中で「怪獣が町を破壊!?」に何度もチャレンジする男子チーム、レアカード「運命の出会い♡」をひいて大喜びの女の子たちなど、スタート直後から笑い声と悲鳴が響きわたりあっという間に予定時間になってしまいました。

ゲーム後、どこが楽しかった?と聞いてみると
「健康診断など実際のことがでてきて、設定がおもしろい」「(途中出てくる)クイズがおもしろい」「生活のことをゲームで出来て楽しい」「怪獣が出てくるところが面白い」などなど。

楽しかった/色々なことが学べた/クイズが全失敗だった/イベントが盛り上がった!/カードがGETできなかった/愛がほしかった!と感想が止まらず。

「またやりたい」「家にもほしい」という声が多く、開発者としてとても嬉しくなりました。
元気な子どもたちのパワー、GETです!小学校関係者、公民館担当者の方々、今年もありがとうございました。

 

(代 表  加藤 千晃)

 

 

 - 代表ブログ, 公的機関実績, 出張授業