遊びながら社会科や公民が学べる学習用ボードゲーム「ライフ・リテラシーゲーム」シリーズ。新教科「公共」用教材、税・社会保障教育、主権者教育用として。スポーツ選手のセカンドキャリア教育、新入社員や外国人材研修用教材としても。数多くの教育機関、企業などで導入。楽しみながら税・社会保障、労務から憲法まで幅広く学べます。

文教大学 教職員向け「ライフ・リテラシーの教え方」講座

   

2019年度に行われた文教大学での授業後、人間科学部人間科学科で「入門!ライフ・リテラシーゲーム」導入が決まりました。

まだまだ対面の授業は難しく全クラスでの実施には時間がかかりそうですが、まずは3/10先生方向けに遊び方や授業する際のコツなどをお伝えするレクチャーを行いました。
コロナ禍で1年ほど延びていたので、ようやく!といった感じです。

※2019年に行われた「ライフ・リテラシー授業」の様子↓

当日は対面とオンラインで約15名の先生方が集まって下さいました。
短い時間にもかかわらずプレイしながらとても盛り上がり 、早速「まずは教職員で行いましょう!」というお話に。
ひそかにそれを願っていたので、とても嬉しい(^^)/

久しぶりに大学に伺う機会でしたが、春休みとはいえガランとして構内もとても寂し気。どの大学も1年もの間、こんな様子だったのですね…
早くコロナが収束し、活気あるキャンパスに戻ってほしいとあらためて思ったのでした。

 

(代表 加藤千晃)

 

 

 

 - 主権者教育, 入門!ライフ・リテラシーゲーム, 出張授業, 労働教育・労務, 新着情報