遊びながら社会科や公民が学べる学習用ボードゲーム「ライフ・リテラシーゲーム」シリーズ。新教科「公共」用教材、税・社会保障教育、主権者教育用として。スポーツ選手のセカンドキャリア教育、新入社員や外国人材研修用教材としても。数多くの教育機関、企業などで導入。楽しみながら税・社会保障、労務から憲法まで幅広く学べます。

「ライフ・リテラシーゲーム」で主権者教育!

      2020/04/24

18歳選挙権の実施で、学校での主権者教育の難しさが多く指摘されています。どのように中立性を保つのか?が最大の課題です。

ゲーム開発中に気付いた一番大きな事は

「いろいろな制度や社会問題は互いに関連し、それらすべてに大きな決定権のある『政治』に、結局は繋がっている」という事実でした。

入門!ライフ・リテラシーゲーム」では、中立性を保ちながら「なぜ選挙が大切か?」を社会制度との関わりから学べます。↓↓↓ 『選挙ゾーン』の「投票を棄権する」に止まってしまうと、ゲーム最大のダメージ「5つ戻る」 😯 ゴールは「1票を大切に」。

「主権者教育」の教材には、最適です!

 

 - ゲーム紹介, ブログ, 主権者教育